脱毛レーザーを照射できない体質とか病気はあるの?│脱毛ラボ梅田RU01

脱毛レーザーを照射できない体質とか病気はあるの?

基本的にレーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも光の加減が強いので、脱毛を断られるケースもあります。レーザー脱毛は美容外科などで医師しか扱うことができない脱毛機器なので体質や病気を持っている人はレーザー脱毛ができない場合もあります。

 

ではどのような体質や病気の状態だと脱毛することができないのか?というと、皮膚の病気に限らず内科系の疾患がある人もレーザー脱毛ができない場合があります。内科系の疾患とは糖尿病や甲状腺疾患、アルコール中毒、ケロイド体質、てんかん発作などが内科系疾患と言われています。

 

そして当然皮膚の体質や病気を持っている人も脱毛することができないケースがあります。これはじんましん、紫外線アレルギー、アトピー性皮膚炎などの病気をお持ちの方や極端な乾燥肌や敏感肌の人も脱毛することができない場合があります。

 

このような状況を見抜くためにレーダー脱毛をする前にしっかりと無料のカウンセリングが行われます。このカウンセリングをする際に、自分の症状を隠さずにしっかりと専門のカウンセラーに伝えることが重要です。